あとがき:新しい春

【新しい春】を読んでくださった皆様、
コメント、拍手をくださった皆様、有難うございました。

このお話はこれよりも少しだけ以前にupいたしました【さくらいろ】に
いただいた感想のおかげで出来上がったお話です。
【新しい春】が生まれたのは、お越しくださった皆様のおかげです。
本当に有難うございます。

復活篇の頃を設定していますので
古代くんとユキのファンにとっては
ちょっと…というか大分切ない頃なのですが
離れていても、その愛情は変わることがないことを
改めて感じる頃でもあるような気がします。

まぁ、古代くんは、あんまり…というかほとんど…
いやひょっとしたらまったく…というくらい
本編ではユキにきちんと愛を告げていないと思いますが(笑)
復活篇は結構、「惚れてるんだなぁ~、こいつ~」と思ったりします。
そんなに惚れてたのなら、早く帰ればよかったじゃんとも思いますけど(^^;)

放浪三年間のどのあたりなのか?は考えていませんので
適当に想像していただきたいのですが(無責任)、
彼は、いつか必ず愛するユキのもとへ帰ると考えていたと思っています。
だからちょっとだけ…希望がもてるような展開にした…つもり^^;

あと、あんまり自分の書いたもので気に入ってる部分とかある方じゃないのですが
「相原さんの奥様からいただいた赤ワイン」は気に入ってます(笑)
っていうか、いいワインなんだろうな。
多分、あたしにゃ味なんぞ理解できないだろうけれど、飲んでみたい…


放浪の三年間を終えて、地球を救った古代くんに
早くユキを返してあげてくれと
今も切に願っております…



スポンサーサイト

新しい春

超即席小話です。
【さくらいろ】からつなげてみました。
急遽書いたので色々荒いです。(いつもか。)
でも、今書いておきたかった。
来年の今頃なんて、きっと同じ話はもう書けない。
それどころか、ひょっとしたら明日はもう書けないかもしれないから。

ブログへのコメントやtwitterでいただいた感想から浮かんだお話です。
そんな感想をいただけて、本当に嬉しく思っています。
あまり書きすぎたくないと思ったせいか
逆に表現が足りない部分も出来てしまった気がしますが…
よろしければ、おつきあいください。

続きを読む»

あとがき:さくらいろ

あらためまして、“あとがき”です。

桜の季節になると、桜で何か書きたくなります。
そういえば、昨年も一昨年も何か書いてたな。

何がきっかけで、ああいった展開が浮かんだのか…
最近のことなのにおぼえておりません。(大丈夫か?あたし…)
多分、急に色々浮かんできたものを、急いで書きとめたら
あんな感じになったのだと思います。

ユキが古代くんを想って頬をそめる。
その色は、はっきりとした色ではなくて
あわくて、やさしい色で表現したいと思いました。
それが、満開の桜の色のイメージにつながりました。

18歳の頃の二人の表現は
多くの二次創作にもあるように反発し合う二人をイメージしました。
ユキも結構勝気ですからね、負けてはいなかったと思うし。

完結編後、美雪ちゃんが生まれて
復活篇までの間のやさしい時間を表現出来ていればいいなぁ。
大事なものを失くした自分の故郷で
古代くんが、ようやくつかんだ幸せをかみしめてくれたらいいな。
そんな思いです。

このまま、ずっと、静かに、穏やかに時が流れていってくれたら
よかったのですけれどね。

自分で読み返してみると
“青年”と“彼”の使い方が雑でした、反省点です。
ま、反省すべき点はそれだけじゃないですけど(^^;)

どっちかな?

【さくらいろ】を読んでくださった皆様、
コメント、拍手、拍手コメントをくださった皆様、有難うござます。

あとがきは後日。
今日はちょっと別のお話。

ある物語の中で
江戸から京都に単身赴任中の旦那様のもとへ
奥様から送られた手紙と桜の花びら。
それを旦那様は同僚の前で花吹雪にして披露します。

私は気づかなかったのですけれどね
友人が気づいていました。

その桜の花びらを、いさぎよくすべて散らせてしまう人。
会えない奥様を想ってこっそり残しておく人。

演技が違うのです。
前者の方が江戸の侍らしい。
後者の方が奥様を想っている感じがする。

どっちを好むかは観る人それぞれでしょうけれど

古代くんは…

やっぱり後者であってほしいかな。

手帳に花びらをはさむのは
これとはまったく逆のことだけれど
このことが頭をよぎったのは事実です。


続きに拍手コメントです。

続きを読む»

さくらいろ

皆さま、こんばんは。管理人でございます。

桜、咲いておりますねぇ~
この季節になると桜で何か書きたくなるもので…
短いものですが書いてみました。

種類にもよりますが、「さくらいろ」…と言っても
普段自分が目にする桜は花びら一枚は白くて
この物語で表しているものと現実的には違うのですが
桜の木に咲く、いくつもの花びらたちが重なった姿は
私にこんな色を連想させました。

この先は小話です。
お付き合いいただける方はお進みください。

続きを読む»

ヤマトカクテル作ったよ

皆さま、こんばんは。管理人です。

先日、作ってみました。
ヤマトカクテル☆です。

ヤマトカクテル☆

ジンとブルーベリーリキュールとブリーベリージャムをシェイク!
私自身は甘目のカクテルが苦手なので
甘さはちょうどよかったのですが、もうひと味足りない気がしました。
それに、もう少し透明感のある紫にしたかったなぁ~と。
ちょっとジャム入れすぎたかな。
また挑戦してオリジナルのヤマトカクテルを作れるようになりたいですね!

自分はあんまりお酒を割って飲むという習慣がなくて
割るとしたらせいぜいハイボールぐらいなのですが、
こうやって作るのは好きです(*^^*)
材料もそんなに揃えられえるわけじゃないから、
あるものを組み合わせるのですけれどね。
だから時々とんでもない味のものが出来上がったりします(^^;)

でもジャムは結構使えますよ~
イチゴ・ブルーベリー・マーマレード・ゆず…などね♪

是非、読んでほしい。

皆さま、こんばんは。

今日は、お話をひとつご紹介です。
当ブログにいつもお越しいただいてコメントをくださる
ゆきんこ様のサイト【星の瞬き】
こちらで以前から連載されていた「わたしの」というお話が完結しました。

今日はそのご紹介と感想です。
是非、読んでほしい…そう思いました。

星の瞬き

※お話は「さらば宇宙戦艦ヤマト」の中にあります。

ここから先はこのお話を読んだ私の感想です。
ゆきんこ様のお話を先に読んでいただくことをお勧めします。


続きを読む»

あとがき:限りあるからこそ…

【限りあるからこそ…】に拍手をいただきまして有難うございます。
自分の創作に思うことがあって、今までとは違うことを意識して書く練習をしてました。
成果が出てるとは言えないのですけれどね。
通勤電車で座れた時にスマホでこっそり書いていたものです。

続きを読む»

ご挨拶&ご案内
いらっしゃいませ。
本日はロマンノカケラに
お越し下さいまして
誠に有難うございます。
宇宙戦艦ヤマト作品の
感想、管理人の勝手な
妄想小話が主な話題です。
ヤマト作品・製作側等とは
一切無関係であり、
著作権侵害の意図は
ございません。

★リンクについて
リンクご希望の方が
もしいらっしゃいましたら
ご一報くださいますよう
お願いいたします。
誠に申し訳ございませんが
コメント、メール等で
ある程度交流のある方に
限らせていただいて
おります。なお現在、
相互リンクの受付は
行っておりません。
ご了承ください。
オキニイリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

亜矢

Author:亜矢
【宇宙戦艦ヤマト】が
好きな亜矢の思うこと、
ひっそりこっそり呟き中…
ブログタイトル
“ロマンノカケラ”は
ヤマトシリーズ第1作目の
エンディングテーマである
『真赤なスカーフ』の
歌詞の中から拝借。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
twitter☆
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる