あとがき:梢の空の向こう側に

【梢の空の向こう側に】を読んで下さった皆さま、
拍手を下さった皆さま、有難うございます。

以前に書いたお話の続きの為、終盤突然守さんの存在が出てきたり
古代くんに言わせたことが唐突だったりしてしまっていたかと思います。
私自身、一度書いたものの続編を何年もあけて書くというのは初めての経験でした。
一度完結させたものをまた書くのは、普通に書くのとはまた違う難しさがありますね。

『永遠に』の古代くんのことを普段から色々言っておりますが
実際ユキはどう思っていたのだろうか?
あの時のことを後悔し続けているであろう古代くんに
ユキはどんな言葉をかけたのだろうか?
ふと、そんなことを考えて書いたお話です。

ユキの古代くんへの愛情は
ほとんど、いやひょっとしたら完全に無償の愛で
見返りなど求めていないと私は思います。
だから、あんな辛い哀しい別れを経験しても
ユキにとっては許すとか許さないとか
そんな問題ではないのだろうと。
古代くんが無事に帰ってきてくれた。
ユキはきっとそれだけでいいのでしょう。

古代くんだって同じでしょう。
ユキが生きていてくれたこと、一緒にいられること。
きっとそれだけでいい、それ以上何をして欲しいとか
望んではいないかと思います。

ただ、互いを傷つける存在から守りたい…
そんな思いなのではないでしょうか。
そんな二人の印象が少しでも皆さまに届いていたら嬉しいのですが……


続きは拍手コメント御礼です。


続きを読む

スポンサーサイト

梢の空の向こう側に

こんばんは。管理人です。
本日は小話です。

part1か2で可愛い二人を書きたかったのですが
急に違うものが浮かんできて、予定外のものが出来上がりました。


あなたがもし、
高速連絡艇に乗ることが出来なかった森ユキだったら
帰還した古代くんにどんな言葉をかけますか?

私には、とてもこんなことは言えないけれど
きっとユキなら、こう言って笑ってくれるような気がしました。


このお話は2014年の11月に書いた【梢の空】の続編になっています。
ということで今回の小話単独では少々唐突な箇所もあるかと思いますが
どうぞ、お許しください。
これを機会に【梢の空】を修正しようかと思いました。
いやぁ、あまりに恥ずかしい出来でしたので(^^;
でも現時点では出来ておりません。
その内、気力・体力がある時に試みるかもしれません。

それでは、お付き合いいただける方は
この先へお進みください。

続きを読む

古代進BEST5☆(セリフ編)

皆さま、こんばんは。管理人です。
なぜか下書きのままになっていた記事。
5位まで書けているのに、なんでupしなかったのか、
もうわからないけれどupしとくか(笑)

今回はセリフ編。
それも文字で見るとあまくないのに、
あの声で聴くとあまくなるセリフでございます~
だから、「さらば」のラストとかは入ってないよん。

あくまでも、私の独断と偏見で選んでいますので、ご注意ください!



☆第1位☆
永遠に…「僕だって」
文句なしにコレかなぁ~って。
この文字だけ見たらどってことないのに、
あの声で言われちゃうと、
もう鼻血出そうですよ~\(//∇//)\

☆第2位☆
完結編…「一人じゃないからな」
これもねぇ~
あの場面で、さらっと言いおって~
命がけの場面、決して色っぽくもない一言が
立派な愛の告白になってるのよねぇ。

☆第3位☆
ヤマト2…「だめじゃないか!……」
古代くんを追ってテレザートに上陸しちゃったユキちゃんを
叱っているつもりなのでしょうが…
まったくもって叱ることが出来ていない印象。
声もあまいけど、この男はとことんユキにあまい!(笑)

☆第4位☆
完結編…「バカッ!」
ユキがコスモゼロに無理やり乗ろうとしてた時ね。
あの声でなら、言われてみたいと思ってしまう。
怒鳴ってるけど、あまいのよねぇ~

☆第5位☆
part1…「遅くなってごめんよ…」
ビーメラ星にユキを助けに行った時ね。
で、この後遅くなった理由を言うもんだから
言葉自体はあまくなくてあまく聞こえる台詞にランクインなのです。

皆さまはいかがですか?
文字で見るとあまくないのに、
古代くんに言われてしまうとあまく聞こえる台詞…教えてくださ~い(*´ω`*)


続きに拍手コメント御礼です!


続きを読む

新たなる?発見!

先日、久しぶりに「新たなる旅立ち」を観たのですがね…
いやぁ、まいったまいった。
こんなにツッコミところのあるシリーズでしたっけね。

というわけで以下は久々に観た「新たなる」の感想です。
結構くだらないですよ。


続きを読む

古代進BEST3☆カッコイイ編

ここのところ、Twitterで旧作古代くん祭りみたいになっちゃいまして(^^;
そこで宣言したことを行いまーす!

古代進BEST3☆カッコイイ編

すみません、本当はBEST5の予定だったのですが
3つしか思い出せません。
いやきっと、あるんだよまだ絶対!でも思い出せないの~(涙)
見た目悪くはないと思うから、子供の時はカッコイイと思っていたと思うけど
今はどっちかというと寂しそうとか放っておけないとか、そういう内面に魅力を感じているからね~

でも、ま。行ってみましょ♪
一応順位はついていますが、差があるわけでもありません。
何と言うか、思いついた順です(笑)

☆第1位…完結編
もうこれは見た目よりセリフ回しですね。
ヤマトがウルクに着陸してから出した戦闘指示の台詞。
「コスモタイガー発進用意、
高角砲対空戦闘!左32度、仰角36度、距離フタヨンマル撃てぃっ!」
でございます。字合ってます?
もう、シビレまくる声、テンポ。
ってかこれ古代くんがカッコイイというよりは
富山さんが偉大だという話ですけれどね(^^;

☆第2位…永遠に
高速連絡艇に乗って地球を脱出しようとする古代くん達を追ってくる
敵をぎりぎりまでひきつけてから扉(じゃなくてシャッターじゃなくて、あれ何ていうの?)の
操作盤?を壊し閉まるぎりぎりでくるりと回ってくぐる姿。
「めちゃカッコイイじゃ~ん、古代くん💕」なのです。
これは惚れる(*ノωノ)

☆第3位…さらば
発進直前、説得してきた司令部参謀の通信を腕組みして聞いていたかと思うと
艦内へ流し乗組員に聞かせたあと呼びかける場面。
見ていて気分がいい!スカッとする!カッコイイ~

こんな感じですね~
何か下書きの記事でBEST5☆セリフ編ってのが放置されていました。
これもそのうち。あと、急に思いついたのだけど旧作なら「切ない編」もありね!

続きに拍手コメント御礼です。

続きを読む

愛をさけぶ

旧作古代くんには色んな面があるとは思うけれど
その中で私が好きな一面は可愛さなのでしょう。
最近、ちょっとしたキッカケでそれが大爆発しちゃった感じです(笑)
そして気づいてしまったのです。

ここから先は2199・2202の古代と雪が好き!という方には
あまりおススメできません。
ちょっと長くて支離滅裂。
自分の中では気持ちが何となくまとまったけど
それを文章にするのは難しい(^^;

「あっ、ダメだ」と思ったら引き返してね。


続きを読む

管理人通信⑦

こんばんは!管理人でございます。
第三章の劇場上映も終了し、ちょっと一息ついているところです。
最終日、行こうかどうしようか悩んだのですが
行ける環境にあるのだし、気になっているのだから行こう!
と考えて観てまいりました。自分なりに頑張ったなぁ~と思ってます(^^♪
腑に落ちないことも、疑問が残ることもあるけれど
楽しんだこともたくさんあるから、観てよかったなと思っています。

以下は感想(まだ書くのか?)も含めた管理人通信でございます。
今回もネタバレと肯定していない箇所ありなので
苦手な方は、ご注意ください。

続きを読む

そろそろちゃんと第三章感想

第三章三週目初日、行ってまいりました!
いやだって、「さらば」のユキちゃんがプレゼントのひとつですからねぇ~
で、そのプレゼントを見て、
今さらながら……スカート短いなぁ。
古代くん、何とも思わなかったのかなぁ……(^-^;
思わなかったのかもしれないねぇ。
ユキちゃんが新しい服着ても、お化粧変えても
気づくタイプだったとは私には思えん(笑)

さてと…
まだ腑に落ちていないことがあるのですが
もう上映も終盤ですので
今の気持ちを書いておこうかなと。

ネタバレあり、肯定していないこともあります。
そういうものが苦手な方はご注意ください。


続きを読む

ご挨拶&ご案内
いらっしゃいませ。
本日はロマンノカケラに
お越し下さいまして
誠に有難うございます。
宇宙戦艦ヤマト作品の
感想、管理人の勝手な
妄想小話が主な話題です。
ヤマト作品・製作側等とは
一切無関係であり、
著作権侵害の意図は
ございません。

★リンクについて
リンクご希望の方が
もしいらっしゃいましたら
ご一報くださいますよう
お願いいたします。
誠に申し訳ございませんが
コメント、メール等で
ある程度交流のある方に
限らせていただいて
おります。なお現在、
相互リンクの受付は
行っておりません。
ご了承ください。
オキニイリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

亜矢

Author:亜矢
【宇宙戦艦ヤマト】が
好きな亜矢の思うこと、
ひっそりこっそり呟き中…
ブログタイトル
“ロマンノカケラ”は
ヤマトシリーズ第1作目の
エンディングテーマである
『真赤なスカーフ』の
歌詞の中から拝借。

カテゴリ
2199 (12)
2202 (9)
最新記事
リンク
最新コメント
twitter☆
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる