FC2ブログ

ロマンノカケラ

あくまでも、ひっそりこっそりヤマトを語る……つもりのブログ。

はじめに…

いらっしゃいませ。
本日は【ロマンノカケラ】にお越しくださいまして有難うございます。

当ブログは宇宙戦艦ヤマト(Part1-復活篇)に関する管理人の思いや、
二次小説が主な話題となっております。
2199、2202について検索等されてお越しいただいた方には大変申し訳ございませんが
そちらに関する話題は、あまり多くはございません。

そのようなブログではございますが、
「構わないよ!」と思っていただけましたら、
どうぞ、ゆっくりと遊んでいってください。

楽しいお話が出来ればと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
最新記事はこの記事の下からになります。

ふるさとの空 

2018/08/16
Thu. 00:00

ロマンノカケラ、再開後初の小話です。
ガトランティスとの戦いの後~新たなる旅立ちの辺りを想定。
二人がどのように「結婚」という形ではなく「一緒にいる」ことを選択したのか。
短いお話ですが、その中に私なりにこめたつもりです。

ちょっと苦手分野なのですけれどね、挑戦してみました💦

このお話は某CMソングを聴いていて思い浮かんだものです。
再開したロマンノカケラは私の新たなふるさとです。
きっとこの頃の古代くんも大事な、新たなふるさとを見つけたと思うので、
そんなことを色々重ねて考えてみました。

拙い話ではございますが、お付き合いいただける方は
この先へお進みください。


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

あとがき:弟 

2018/04/25
Wed. 21:05

【弟】を読んでくださった方、コメントをくださった方、
拍手をくださった方、有難うございました。

以下、あとがきになります。

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

 

2018/04/18
Wed. 21:27

こんばんは、管理人でございます~

あぁ、疲れた。今回は疲れた(笑)
考えていたより重い内容になっちゃって。
内容に自分の心が折れそうになって、
時々、もう無理かなぁ~なんて思ってたりもして。

それでも何とか書き終えました。
相変らずの拙い文章ですが
書き終えてみると
私の古代くんへの思いを守さんに託したような
そんな内容になってました。

今回、ユキちゃんは完全に脇役です。

お付き合いいただける方はこの先へお進みください。



-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

あとがき:桜纏う君 

2018/04/04
Wed. 21:01

こんばんは。管理人です。

【桜纏う君】にコメント、拍手等有難うございました!

桜が咲くと何かを書きたくなります。
でも桜が散る前にupしたいと思うから
実際に書いている時間は結構短くて。
そんな状態で途中で挫折したりすると余計短くて(^^;)
何だかいつも以上に荒い文章になっちゃったかな?なんて思いますが
読んでいただけてとても嬉しく感じています。

ただただ、ユキが大好きでしかたがない。
そんな古代くんを思い描いて書いてみました。
何しろ、あんまりはっきり言葉で愛を語るタイプではないので
私にとって彼はその辺が大変です(笑)
古代くんのユキへの愛情、彼の目にはユキがどんな感じに映っているのか?
そんなことを意識しましたが…ちょっとでも伝わっていたら嬉しいな。

さて4/1はヤマケットに遊びに行ってまいりました。
たくさんの方のそれぞれのヤマトに触れることが出来て
とても楽しい時間を過ごしました。

最近は毎日、【交響組曲宇宙戦艦ヤマト】を聴いております。
そのせいか、18歳のやんちゃ古代くんを書きたくてしかたがないのですが
何分、ネタがないもので(^^;)次回作がそれになるかどうかは不明です。

あぁ~、時間がないんだけどPart1が観たい~っ!!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

桜纏う君 

2018/03/28
Wed. 22:44

皆さま、こんばんは。管理人です。
公私ともに色々あり(笑)、小話どころか普通の記事を書くこともなく
広告が出て久しいなぁ~なんて思っていたのですが
桜の季節になると、何か書きたくなるものなのでしょうか。

時期は「永遠に」以前。
色々でっち上げ設定です。
司令部の建物内がどうなっているか知らんし
話の都合上勝手に考えました。
あと2年くらい前に同じ「永遠に」以前の設定で
桜の時期を書いたけど、その時は二人都内で一緒に桜見れない設定だったし。
もはや自分の他の小話の設定も完全無視の内容です。

何を書こうと思ったかと言えば
ただただ、ユキが大好きでしかたがない古代くんを書こうと思っただけ(笑)
それが少しでも伝わったら嬉しいかな…なんて。

そんな感じですが、お付き合いいただける方はこの先へお進みください。

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

2018-08