FC2ブログ

ロマンノカケラ

あくまでも、ひっそりこっそりヤマトを語る……つもりのブログ。

はじめに…

いらっしゃいませ。
本日は【ロマンノカケラ】にお越しくださいまして有難うございます。

当ブログは宇宙戦艦ヤマト(Part1-復活篇)に関する管理人の思いや、
二次小説が主な話題となっております。
2199、2202について検索等されてお越しいただいた方には大変申し訳ございませんが
そちらに関する話題は、あまり多くはございません。

そのようなブログではございますが、
「構わないよ!」と思っていただけましたら、
どうぞ、ゆっくりと遊んでいってください。

楽しいお話が出来ればと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
最新記事はこの記事の下からになります。

どうなったのでしょうねぇ… 

2016/07/19
Tue. 21:23

最近何だか旧作シリーズが恋しい管理人です。
「最近じゃないだろっ!」というツッコミも聞こえてきそうですが(笑)

3連休のどこかで何かを観たいなぁ…
と思っていたのですが、それもかなわず。
今日はどうしても聴きたくなって通勤時にドラマ編を聴きました。
「完結編」です。

実は…前々から思ってはいたのですけれどね。
書いたことはなかったこと。
今日、ドラマ編を聴いてたら
やっぱり書いておきたいなと思ったこと。
ちょっとだけ続きに書きます。




アクエリアスの最後のワープを止められず
それでも地球を救う為に
沖田艦長から乗組員に告げられた最後の方法。

艦長に食い下がる仲間たちを
古代くんが止めて、
懸命に説得して。
あの後、どうなったのでしょうねぇ。
私が勝手に思うのは…こんな感じ。


心底納得した人も、無理やり納得した人も
涙を流した人も、涙を堪えた人も、
みんな、みんな、出ていって。

古代くんが気がつくと
そこにはユキだけがいて。
彼のためだけに
優しく微笑んでくれて。

何も言わなくても
何も言われなくても
彼の全てを理解してくれて
彼の全てを受けとめてくれて
そんなふうに佇んでいてくれる。

そんな時間があったのではないかな…と。
そんな感じであってほしいというか。
あくまでも勝手な想像ですけれどね。


皆様は、どう思われます?

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

コメント

淡々と黙々と、無言で行動、ですかね?

こんばんは。
ううむ。
みんなみんな、自分がヤマトのことを一番思っている気でいるから、古代君が「自分が一番!」なんて言っていても、『俺が一番だ!』と、古代君に反発はしたんだろうと思います。けれど、
「地球がダメになってヤマトだけ生き残って、それでヤマトが喜ぶと思うか?」
には、ひと言もなかっただろうなと思います。
成程、地球の為にヤマトをその様にする選択肢が最善の方法なのだと。けれど、感情では納得出来ない。
しかし何と言っても、沖田艦長がそれを行おうというのだから、従うほかない。それが使命と、淡々と行動するしかなかったのでは?
きっと、怒りと悲しみと、けれど、ヤマトにしてあげられることは全部してあげよう、そういう思いで全てやってあげたと思います。それには、静かで、淡々とした行動だけだったのではないでしょうか?無言というか、ぐっと我慢ですかね?
わーん。こういう感じでしか想像出来ませんでした。

ゆきんこ #- | URL | 2016/07/19 23:08 * edit *

Re: 淡々と黙々と、無言で行動、ですかね?

ゆきんこさま
こんばんは。コメントを有難うございます。

あわわっ!!
私ってば、古代くんとユキのことばかり考えて
他の乗組員のあの後のこと考えていなかった~
す、すみません~

ゆきんこさまの仰る通り
皆、言葉もなく黙々と…ではないでしょうか?
きっと…言葉なんて出ませんよね。
戦うということは哀しいことでもあると思いますが
ヤマトとともに過ごした数年間というものが
かけがえのないもので
そしてもヤマトもかけがえのないもので…

古代くんが言った「ヤマトの幸せ」というのを
ひとりひとり考えていたのではないでしょうかね…

亜矢 #- | URL | 2016/07/20 20:25 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/07/20 23:01 * edit *

Re: No title

○○○ーさま
こんばんは。コメントを有難うございます。


例え世界中が、いえ全宇宙が彼に背を向けたとしても
ユキはずっとずっと古代くんの味方ですよね。
たった一人だったとしても。
もちろん古代くんから仲間たちが離れていくことなんて
きっと、いえ絶対にないでしょうけれど。

でもユキはただ従うのではなく
彼を信じ、彼を支え、時に意見しながら
一緒に生きていくのでしょうね。

あぁ、何かしみじみそんなことを考えました。

亜矢 #- | URL | 2016/07/21 21:08 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://romannokakera.blog.fc2.com/tb.php/691-12f86ab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-11