FC2ブログ

ロマンノカケラ

あくまでも、ひっそりこっそりヤマトを語る……つもりのブログ。

はじめに…

いらっしゃいませ。
本日は【ロマンノカケラ】にお越しくださいまして有難うございます。

当ブログは宇宙戦艦ヤマト(Part1-復活篇)に関する管理人の思いや、
二次小説が主な話題となっております。
2199、2202について検索等されてお越しいただいた方には大変申し訳ございませんが
そちらに関する話題は、あまり多くはございません。

そのようなブログではございますが、
「構わないよ!」と思っていただけましたら、
どうぞ、ゆっくりと遊んでいってください。

楽しいお話が出来ればと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
最新記事はこの記事の下からになります。

あとがき:Tovarishch 

2016/09/01
Thu. 00:00

【Tovarishch】を読んでくださった皆様、
コメント、拍手、拍手コメントをくださった皆様、有難うございます。



アルフォン少尉は嫌いではありません、いやむしろ好きかな。
その理由の99%は声だと思いますけど(笑)

私は昔から、古代くんのピンチには冷静で
ユキのピンチには心穏やかではいられないのです。
だから、公開当時からしばらくはサーシャが苦手でした。(ごめんよ~サーシャ。)
反対に恋愛淡泊古代くんには、
アルフォン少尉の存在に大いに慌てて欲しいと思うくらいです。
そして「何があってもユキは誰にも渡さない!」ぐらいの気持ちを見せてみろっ!
というところでございます( *´艸`)

重核子爆弾の秘密をちらつかせユキを手に入れようという考えは
確かにやや…いやかなり卑怯な印象を否めないかもしれませんが
彼の求愛というか、気持ちの伝え方は実にストレートだと思います。
ユキに対しての「私の愛」「美しい人」「心から愛していた」という言葉は
どれもこれも古代くんがユキに真正面から言っていない(本編以外は知らんけど)
言葉ですものね。意識ない時に好きと言ったってそんなの、あんた(-_-メ)

あぁ、何か話がそれました。あとがき、あとがき。
同士…という言葉では古代くんとアルフォンは結びつかないとは思うのですが
ユキを愛し、ユキの幸せを願うこと、ユキの笑顔を願うことは
どちらも持っている気持ちではないかと思います。
その一点においては同士かもしれないと考えてみました。
当然かもしれませんが後のシリーズで古代くんが彼をどう考えていたかなど
描かれてはいなくて。でも何も思わないことはないと思うのです。
ユキも離ればなれの時間のことをどれだけ、どんなふうに
古代くんに語ったかは謎ですし、古代くんもどこまで聞き出そうとしたかも謎です。
でも二人の間にはそれを受け入れ理解するものはあったと信じています。

重核子爆弾の中で古代くんはアルフォン少尉のどんな声を聞き
どんな言葉で答えたのでしょう。
どんな決意をアルフォン少尉に伝えたのでしょう。
実は私の中にもそれらのイメージはあるのですが
それを具体的に書くのはあえてやめました。
それは…人それぞれの思うものでもいいと思うので。

ということで、今回は真相は謎のままで…

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/09/06 15:03 * edit *

Re: No title

○○○ーさま
こんばんは、コメントを有難うございます。

おっ!同じ意見の人がいた、嬉しい~♪
ユキがピンチになるとハラハラしてしまう~
古代くんも、もっとはっきり「俺の女だ」アピールしてちょうだいよ。
結果的に無意識でいちゃついてはいるようだけど(^^;)

だけどね…確かに、それが我らの古代進なのですね。

ここで楽しんでいただけたら私もうれしいです。
どうぞこれからもよろしくお願いしますね~(^_-)-☆

亜矢 #- | URL | 2016/09/06 21:31 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://romannokakera.blog.fc2.com/tb.php/696-d4a3e693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-11