FC2ブログ

ロマンノカケラ

あくまでも、ひっそりこっそりヤマトを語る……つもりのブログ。

はじめに…

いらっしゃいませ。
本日は【ロマンノカケラ】にお越しくださいまして有難うございます。

当ブログは宇宙戦艦ヤマト(Part1-復活篇)に関する管理人の思いや、
二次小説が主な話題となっております。
2199、2202について検索等されてお越しいただいた方には大変申し訳ございませんが
そちらに関する話題は、あまり多くはございません。

そのようなブログではございますが、
「構わないよ!」と思っていただけましたら、
どうぞ、ゆっくりと遊んでいってください。

楽しいお話が出来ればと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
最新記事はこの記事の下からになります。

あとがき:新しい春 

2017/04/13
Thu. 23:01

【新しい春】を読んでくださった皆様、
コメント、拍手をくださった皆様、有難うございました。

このお話はこれよりも少しだけ以前にupいたしました【さくらいろ】に
いただいた感想のおかげで出来上がったお話です。
【新しい春】が生まれたのは、お越しくださった皆様のおかげです。
本当に有難うございます。

復活篇の頃を設定していますので
古代くんとユキのファンにとっては
ちょっと…というか大分切ない頃なのですが
離れていても、その愛情は変わることがないことを
改めて感じる頃でもあるような気がします。

まぁ、古代くんは、あんまり…というかほとんど…
いやひょっとしたらまったく…というくらい
本編ではユキにきちんと愛を告げていないと思いますが(笑)
復活篇は結構、「惚れてるんだなぁ~、こいつ~」と思ったりします。
そんなに惚れてたのなら、早く帰ればよかったじゃんとも思いますけど(^^;)

放浪三年間のどのあたりなのか?は考えていませんので
適当に想像していただきたいのですが(無責任)、
彼は、いつか必ず愛するユキのもとへ帰ると考えていたと思っています。
だからちょっとだけ…希望がもてるような展開にした…つもり^^;

あと、あんまり自分の書いたもので気に入ってる部分とかある方じゃないのですが
「相原さんの奥様からいただいた赤ワイン」は気に入ってます(笑)
っていうか、いいワインなんだろうな。
多分、あたしにゃ味なんぞ理解できないだろうけれど、飲んでみたい…


放浪の三年間を終えて、地球を救った古代くんに
早くユキを返してあげてくれと
今も切に願っております…



関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://romannokakera.blog.fc2.com/tb.php/732-e1516c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-11