FC2ブログ

ロマンノカケラ

あくまでも、ひっそりこっそりヤマトを語る……つもりのブログ。

はじめに…

いらっしゃいませ。
本日は【ロマンノカケラ】にお越しくださいまして有難うございます。

当ブログは宇宙戦艦ヤマト(Part1-復活篇)に関する管理人の思いや、
二次小説が主な話題となっております。
2199、2202について検索等されてお越しいただいた方には大変申し訳ございませんが
そちらに関する話題は、あまり多くはございません。

そのようなブログではございますが、
「構わないよ!」と思っていただけましたら、
どうぞ、ゆっくりと遊んでいってください。

楽しいお話が出来ればと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
最新記事はこの記事の下からになります。

管理人通信⑦ 

2017/11/05
Sun. 21:30

こんばんは!管理人でございます。
第三章の劇場上映も終了し、ちょっと一息ついているところです。
最終日、行こうかどうしようか悩んだのですが
行ける環境にあるのだし、気になっているのだから行こう!
と考えて観てまいりました。自分なりに頑張ったなぁ~と思ってます(^^♪
腑に落ちないことも、疑問が残ることもあるけれど
楽しんだこともたくさんあるから、観てよかったなと思っています。

以下は感想(まだ書くのか?)も含めた管理人通信でございます。
今回もネタバレと肯定していない箇所ありなので
苦手な方は、ご注意ください。




まぁ、最終日を観てもやっぱりあの場面(古代・雪の場面ね)に対する
自分の考えはまとまらないというか、受けとめきれませんでした。
どこかに救いはないものか?と考えるのだけどわからない。
今の段階では

古代は大帝にのまれてしまった。
だから雪しか目に入らなくなってしまった。
だから「ルールに従う」という判断しかできなくなった。
それを断ち切ったのは雪だけど
それも結局は、古代に「自分の為に全てを捨てる」という行動をさせてしまった。
選ばせないのであれば、じゃぁ彼にどうするべきだと考えていたのだろうか?

という印象になってしまう。(あくまでも私が受けた印象です)
だけど、まだ第三章なんですよね。
「愛」が2202のテーマであれば
今後もそのテーマをもって描かれていくのでしょうし
あの場面が今後にどう影響するか?
今後二人がどんな「愛の形」を見せるのかもわからない。
最後まで観た時に「あぁ、だからだったのか」
そんなふうに思えたら嬉しいなと考えます。


で、公開中はなかなか読むことが出来なかった小説版を現在は読み進めています。
うん、こちらも楽しんでおります。結構夢中になるかな。
空いた時間で読んでいるのでスピードはありませんが、ゆっくりでいいか。
あっ、でも油断してるとすぐ1月ですよね、それまでには何とか!
並行してヤマケットで購入した本の方も読んでいこうと。
何だかんだ慌ただしかったので、止まっちゃってるのですよ💦
読みたいものもたくさんあるし、自分も何か書きたいのですがなかなか進みません~
書きかけのものもあるのですが、気持ちとしては旧作の古代くんとユキで
優しくて、かわいくて、ほんわかする……そんな話が書きたいのですが
ネタがまったくないので、いつ出来るか(^-^;
何だかんだ言って仕事も結構好きなので、時期によっては完全に仕事脳になっちゃうのですよね。

ま、こんな調子の最近です。
今後も相変わらずのペースでの更新ですが、頑張っていきたいなと思っております~

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://romannokakera.blog.fc2.com/tb.php/757-c2b28b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-11