FC2ブログ

ロマンノカケラ

あくまでも、ひっそりこっそりヤマトを語る……つもりのブログ。

はじめに…

いらっしゃいませ。
本日は【ロマンノカケラ】にお越しくださいまして有難うございます。

当ブログは宇宙戦艦ヤマト(Part1-復活篇)に関する管理人の思いや、
二次小説が主な話題となっております。
2199、2202について検索等されてお越しいただいた方には大変申し訳ございませんが
そちらに関する話題は、あまり多くはございません。

そのようなブログではございますが、
「構わないよ!」と思っていただけましたら、
どうぞ、ゆっくりと遊んでいってください。

楽しいお話が出来ればと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
最新記事はこの記事の下からになります。

「永遠に」と「俊寛」 

2018/10/07
Sun. 22:58

私が生まれて初めて観た歌舞伎は「俊寛」だったのですがね。
その後、この演目を観ると思い出すものがあるのです。



「俊寛」は平清盛への謀反を企てた俊寛とその仲間が流されていた
鬼界ヶ島へ赦免の船がやって来て都へ帰ろうとする時に
仲間の一人の妻となった海女の千鳥が船に乗ることが許されなくて…
最終的に俊寛は使者の妹尾を殺してしまい、
俊寛の代わりに千鳥が船に乗って都へ行くのですが、
俊寛が妹尾ともめている時に千鳥が加勢するだけで
それ以外の人たちは船から出ても来ないのですよ。
まぁ、出てきたらドラマになりませんけれどね……

さて、当ブログにお越しくださるヤマトファンの皆さま。
この展開で何か思いませんか?

そうです!(何がそうです!なのだ…)
私が「俊寛」を観ると常に思い出してしまうのは

「ヤマトよ永遠に」のあの高速連絡艇の場面ですよ!!

私はあの場面についてはいつも
古代くんが落と…(以下自粛)とか言ってますけどね。
えぇ、結果的にそうなっているのかもしれませんけれどね。
あの時、連絡艇にいったい何人乗っていましたっけ?

まぁ、島くんはしかたがないでしょう、操縦してるのですから。
でも他の人は?ひとり、ふたり、さんにん……
ネコも入れたら(入れるなっ!)じゅうぶんに助けられる人数がいたでしょっ!
まさか、気づいてないわけないよね?
相原くん、あの時出てこれるなら、もっと早く出てこれるよね?

いや、分かってますよ。
出てきたら、これもドラマにならないってね……
だけどさぁ、もう少し何とかならんかったのか?
と、こんなに年月が経ってもやっぱり思っちゃうのよね~

何で急にこんなことを言い出したかと言えば
飲んでたらこんな話になったので思い出しただけなんですけど(^^;)
前々から思っていたけど、書いてなかったから、
ちょっと書いておこうかなと思ったのでした。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

コメント

仰る通りでぇ~い!

こんにちは。
そうそう!
大の、宇宙戦士の、気を回すことの出来る男たちがたんと乗っているのだから!
繊細な相原君ならもっと早く気が付いてもいいのでは!
佐渡先生だったら、「雪がおらんな?」とか言いそうなのに!
そうはならんのでした。

それだけ、あの発進の時は数十秒程度のあっという間の出来事だったと・・・?
因みに、高速艇に入るとき、南部君が佐渡先生を押しのけるようにして入って行ったような記憶があります。こらっ!南部!!

雪が高速艇に案内して、その雪が乗れないなんて (ToT)
古代君も、さっさと飛び降りろーっ!!←違う物語になりますね (^-^)。

ゆきんこ #- | URL | 2018/10/08 06:31 * edit *

Re: 仰る通りでぇ~い!

ゆきんこさま
こんばんは。コメントを有難うございます!

>大の、宇宙戦士の、気を回すことの出来る男たちがたんと乗っているのだから!
ですよね、ですよね~
連絡艇、そんなに大きくもないのだし、
二人が戻って来ないのだから気になって
もっと早く誰か来てくれたっていいでしょう~
もう一人いればきっとユキを助けられたよぉって思ってしまうのです。

>因みに、高速艇に入るとき、南部君が佐渡先生を押しのけるようにして
>入って行ったような記憶があります。こらっ!南部!!
えっ?そ、それ気づかなかった……
ちょっと、ちょっと南部くん~!!
今度よ~く見てみます!

>雪が高速艇に案内して、その雪が乗れないなんて (ToT)
>古代君も、さっさと飛び降りろーっ!!←違う物語になりますね (^-^)。
あれ、相原くんが止めなかったらきっと飛び降りちゃってたでしょうけれどね…
まぁ結果的にはユキが地球に残ったおかげで地球が救われた部分もあるので…
でも、でも…離れ離れってツライよぉ~( ノД`)


亜矢 #- | URL | 2018/10/08 18:07 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2018/10/17 22:22 * edit *

Re: タイトルなし

〇〇〇ーさま

こんばんは。コメントを有難うございます!

言ってました、言ってました!〇〇秒!
ってか、何でそんなこと知ってるん?
何か詳しそうだから、あんたが行った方がよくないか?
ぐらいに思ってました、私(えっ?ひどい?^^;)
確かにヒールですよね。秘書とは言え、軍であれはありなのだろうか?

そんなにしょっちゅう話題が出てこないのですが
思いついたらまた書きますのでどうぞお付き合いください~

寒くなってきましたね。
〇〇〇ーさんも風邪などひかれませんように。
元気に過ごしてくださいね~

亜矢 #- | URL | 2018/10/18 22:08 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://romannokakera.blog.fc2.com/tb.php/785-107eb235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-11